山本和彦さん開発のシストレソフト「デイズリッチ2019」が新発売されました。さっそくインフォカートで1位を獲得していますが、当サイトでは慎重なスタンスを取っています。詳しく解説していきます。

デイズリッチ2019とは?

 

day6 - デイズリッチ2019の評判と成績検証。おすすめできない理由とは?

 

デイズリッチ2019は日経225先物の寄り引け式システムトレードソフトです。朝、サインを確認して寄り付きでエントリー注文。大引けで決済というスタイルなので、場を一切見なくてもトレードができます。

 

デイズリッチシリーズは過去にも販売されています。デイズリッチ225、デイズリッチ2015、デイズリッチ2017、そして今回のデイズリッチ2019です。通算すると4作目ということになります。

 

山本さんは他にも多数のソフトを販売されており、MAサインシリーズ・ナイトリッチシリーズ・ナイツ225・ソフィアシリーズ・デイリーシリーズなどがあります。

 

デイズリッチ2019は2018年12月に販売開始となりましたが、2018年だけでも3本目の新ソフトリリースという事になります。ソフトの性質が違うとはいえ、このペースは異常な速さです。

 

それでも夏に発売されたデイリー2018が好調なこともあり、売れ行きは好調のようです。他のブログをみても「迷わずに即買いしました!」など景気のよいコメントが多く見受けられます。

 

セールスページにはバックテスト・フォワードテストの成績表が掲載されています。それがこちらになります。

 

fay00 - デイズリッチ2019の評判と成績検証。おすすめできない理由とは?

 

過去5年の月間勝率は96.7%。2013年~2015年までは負けている月がありません。このデータを見てソフトを買いたくなる人は多いと思います。

 

しかし私の場合、まったく逆です。セールスページを読み終えた時にはまったく購入意欲がなくなっていました。ここからはその理由について詳しく書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

デイズリッチ2019 検証レビュー

 

これから掲載するのは2017年に販売開始された“あるシストレソフト”の2018年度の月間成績です。

 

【ソフト名:?????の成績】

2018年

1月 +800

2月 ▲540

3月 +440

4月 ▲750

5月 ▲490

6月 ▲50

7月 +40

8月 ▲160

9月 +180

10月 ▲620

11月 +840

12月

合計 ▲310

 

年間成績はマイナスで推移中。11月に挽回できたからよかったものの、10月終了時点では▲1000を突破しており、非常に危険な状況でした。間違っても優秀なソフトとは言えないでしょう。

 

もう1つ成績表を載せます。

 

day2 - デイズリッチ2019の評判と成績検証。おすすめできない理由とは?

 

こちらはすごいですね!2011年~2016年まで月間成績はすべてプラスで勝率は100%。誰がどう見ても超優秀なシストレソフトだと感じることでしょう。

 

実は、、、、、、、

 

この2つのソフトはまったく同じものになります。ソフト名は「デイズリッチ2017」です。デイズリッチシリーズの前作にあたります。

 

一体どういうことなのでしょうか?

 

その謎を解くカギは「実運用成績」と「テスト成績」です。先程最初に載せた2018年の成績は、ソフト発売後にデータを集めた実際の運用成績になります。

 

それに対して2011~2016年の成績表は、セールスページに掲載されていた「テスト成績」です。わかりやすく書けば、ユーザーにソフトの優秀性をアピールするためのものです。

 

テスト成績と実運用成績に差が出るのは、シストレソフトではよくあります。しかし山本さん開発のソフトはその差が非常に大きく、セールスページを鵜呑みにしてソフトを買うと痛い目に遭いがちです。

 

また本当に優秀なソフトは息の長い活躍をします。その点からすると、毎年のように新ソフトをリリースしているのは商業目的の可能性が高いと判断できます。

 

スポンサーリンク

総合評価

 

C+ (20点:購入見送り)

 

前作のデイズリッチ2017の成績が不振であること、セールスページと実運用成績に大きな差が出る確率が高いことからC+評価としました。

 

+をつけたのは、夏に販売開始となったデイリー2018が好調をキープしているからです。デイズリッチ2019も販売からしばらくの間は好調をキープできるかもしれません。

 

しかし長い目で見れば、デイズリッチ2017のようにパフォーマンスを落とす可能性が高いと思われます。225先物で同じ値段を出すならば、Sランク評価のスーパースキャルピング225を私ならば買います。

 

シストレなら5年連続で年間プラス成績のアルゴス225がNO1評価ですが、2018年度は少しパフォーマンスを落としているのが気がかりです。あとは再販となっているデイリー2018ですが、まだ実戦データが少ないので1年間は様子をみたいところです。

 

スポンサーリンク