今週の相場展望(9/16~9/20)について見解をまとめました。

◆先週の振り返り(9/9~9/13)

 

【のんたんデイトレ成績】 

5営業日 4勝1休  +80

 

先週のメルマガでは次のように書きました。

 

「それでも目の前にあるのは強いチャートです。
この形であれば押し目買い有利と判断するべきでしょう」

 

日経平均は今週すべて上昇で9日連続の続伸。
調整を入れずにぐんぐんと値を伸ばし22000円まで来ました。

 

目の前にある強いチャートだけを見て、押し目買いに徹する。
戦略通りにできていれば、今週は負けなかったと思います。

 

強いチャートの時は売りたくなるものです。
「テクニカル的にそろそろ下げるだろう」と思い込んでしまうからです。

 

そこに落とし穴があります。
事実ではなく思い込みで仕掛けるエントリーは危険です。

 

ここで言う事実とは、日足の長い上ヒゲ出現や大きな陰線を指します。
今のチャートを見ると陽線が連続して出ていますよね。

 

つまり売るにはまだ早い。
リスクが高いと判断できます。

 

売りは上ヒゲや陰線が出てからでも十分に間に合います。
欲張って天井で売ろうとするから踏み上げを食らうわけです。

 

私はスーパースキャルピング225の買いサインのみを狙いました。
すべて押し目買いでしたが、4戦4勝という圧倒的な成績でした。

 

通算勝率は90%以上を引き続きキープ中です。
のんたん手法とは抜群の相性で、欠かせないツールになっています。

 

◆今週の相場展望(9/16~9/20)

 

【トレンド判断】

日足 25日線上   上昇トレンド

 

先週末の日経平均終値は21988円でした。
25日線、75日線、200日線の上で推移しています。

 

RSI95、騰落レシオ124は明らかに買われすぎです。
テクニカル的に過熱感はピークにあると判断できます。

 

いつまでも上げ続ける相場はありません。
調整の下げが来ると身構えておく必要があります。

 

「どこで売るか?」が最大の焦点になります。
22000円以上を売っていくのは、1つの選択肢かもしれません。

 

ただ22000円で上昇が止まるとは限りません。
売るならば長い上ヒゲや、大陰線を確認してからの方が無難でしょう。

 

スキャルピングならば、動きが出た方向に付いていけばOKです。
最もリスクが少ないのはこの方法ではないかと思います。

 

重要イベントとしてはFOMCに注目です。
アメリカの株価が上昇しており、利下げの動向が気になります。

 

世界的な景気減速を大規模な金融緩和で食い止める。
そのためにアメリカの利下げは欠かすことができない要素です。

 

マーケットもデリケートになっている部分でもあります。
利下げが止まれば株価も落ちると考えておいてよさそうです。

 

☆★登録者1000人突破★☆
これだけはチェックしてください
のんたんメルマガの登録はこちらです↓↓

1億円デイトレ スライダー1 1億円デイトレ スライダー3