アルゴス225(225先物寄引シストレ)を実戦検証しました。実際に使ってみた率直な感想と評価をレポートしていきます。

アルゴス225とは?

 

aru1 - アルゴス225の検証と評価。シストレで本当に勝てるのか試してみた

 

アルゴス225は225先物の寄り引け式システムトレードソフトです。シストレはソフトの売買サインに従って売買を繰り返していく手法ですね。

 

アルゴスを契約すると、毎朝8:20にその日の売買サインが書かれたメールが届くようになります。サインを確認したら、証券会社からその通りに注文を入れればOKです。

 

寄り付きでエントリーして大引けで決済するトレードスタイルなので、日中は場を見る必要はありません。朝の5分間のみでできるのがシストレの最大の魅力と言えるでしょう。

 

価格は毎月課金制で月々10800円です。年間にすると13万円近くになるので金額的には決して安くはありません。

 

気になるのは運用成績ですね。チェックしていきます。

 

 

2017

 

実は2013年に+6940という圧倒的な成績もあるのですが、これはバックテストの数字なので参考外とします。シストレで重要なのはソフト発売後の成績ですので、ここでは2014年以降のみに注目します。

 

2014年~2017年までを見ると負けている年がありません。シストレはサイン通りに売買を繰り返す手法ですので、誰がやっても同じ成績になります。

 

年間成績ベースで+1000ということは、毎年資金が50%以上増えている計算になります(アルゴスで推奨されている資金20万円につきミニ1枚の運用プランの場合)もちろんそれが本当であればの話ですが・・・。

 

早速実戦レポートを載せていきます。

 

スポンサーリンク

アルゴス225 実戦検証レビュー

 

のちほど専用ページにて詳しくご紹介します。

総合評価

 

S (100点:特別推奨!)

 

最高ランクのS評価としました。朝の5分間の作業時間だけで、4年連続してプラス成績を継続している実績を重視しました。

 

シストレはソフト選びが命運を分けます。安定して稼ぎ続けることができて、リスクが少ないソフトをいかに見つけられるかが勝負です。

 

アルゴスはその両方をクリアしており、一時的にマイナスになる事はあっても年間成績ではしっかり挽回しています。

 

デイトレと併用という形にすれば、強い収入源が2つできることになります。その意味でも非常に価値が高いソフトだと思います。

 

詳しい実戦記録はこちらの特集記事を参考にしてください。またアルゴス225の当サイト限定特典も用意しました。そちらも合わせてご参照ください。

 

⇒アルゴス225 実戦検証レビュー特集ページへ