infotop売り上げランキング1位の株ドカン(株銘柄配信サービス)で本当に稼げるのか実際に試してみました。

株ドカンとは?

 

ka1 300x182 - 株ドカンの検証と評価。本当に稼げるのか試してみた

 

株ドカンは投資顧問会社ヘッジファンドバンキングが提供している株の銘柄配信サービスです。元メリルリンチ証券の平田和生氏が銘柄配信を担当しています。

 

サービス内容は週に2回ペースでメールやLINEで推奨銘柄が届きます。指示通りに売買すればOKというしくみなので誰でもできます。

 

利益確定・ロスカットもきちんと指示があり、サポートも行っています。投資顧問会社並みのサービスが受けられると考えてよいでしょう。

 

価格は最初の2週間は無料で、それ以降は月額29800円かかります。2週間以内に解約すれば費用は発生しません。

 

インターネットの評判では悪いものが目立ちました。「損切りばかりでまったく勝てない」「月額3万とかあり得ない」といった内容です。

 

またヘッジファンドバンキングは投資顧問会社の中でも評判が悪いのが気になるところです。しかし2週間以内は無料という事なので、実際に登録して試してみました。

 

スポンサーリンク

株ドカン 実戦検証レビュー

 

無料期間内で推奨があった銘柄は4銘柄、登録前の推奨銘柄が2銘柄。合計6銘柄の動向を追ってみました。

 

結果的には1銘柄が利益確定、3銘柄含み損継続中、2銘柄ロスカットという結果でマイナス成績に終わりました。

 

その後も6銘柄の経過を観察していましたが、セールスページにあるような急騰はありませんでした。トータルだとマイナス10%ぐらいの成績です。

 

たまたま日経平均株価が下げ基調だったこともありますが、推奨銘柄は新興市場がメインでしたので言い訳にはならないと思います。

 

有料会員になればもっと勝てるようになる!と仕切りに勧誘されましたが、無料で勝てないものは有料でも勝てないというのが定石です。

 

2週間の無料期間終了のタイミングで解約しました。短期間の実戦でしたが、投資である以上は結果が全てです。

 

スポンサーリンク

総合評価

 

B (40点:購入見送り)

 

B評価としました。もしも無料期間が設定されておらず、最初から月額29800円だった場合にはC評価(購入価値なし)を付けていました。

 

推奨銘柄には推奨理由が示されています。プロの投資家がどんなところをみて銘柄選びをしているのか、その点を無料で学ぶのであれば価値はあると思います。

 

しかし当サイトの採点基準は「本当に稼げる教材なのか?」という点であり、そこで判断するならば答えはNOです。

 

Sレベルの教材と比べると差は明らかであり、月額3万円も出せば他社でいくらでももっとよいサービスが受けられます。

 

私の経験上、無料サービスは内容もそれなりといった場合が多いです。今回もまた同様のケースで際立ったものはありませんでした。